コンテナ重量を簡単に計測するには

大和製衡

IMO(国際海事機関)による規制強化に伴いsolas条約(海上人命安全条約)が改正され、荷送人は船積み前のコンテナ重量を計量し申告することが義務付けられるようになりました。これは、総重量の誤申告によるコンテナの荷崩れなどの事故が発生していたことによるものです。このため2016年7月1日より国際輸送されるコンテナはsolas条約において定められた計測方法で総重量を確定し、その情報を船長等に提供しなければならなくなりました。

このsolas条約改正による船積み前のコンテナ重量管理でお困りでしたら、計量機器の総合メーカー・大和製衡のはかりで解決しませんか?

大和製衡の簡易走行型トラックスケールなら計量部を走行するだけで簡単にコンテナの総重量を計量できますので業務の効率化に貢献できます。大和製衡では他にも様々な機能を持つトラックスケールやデジタル台はかりをご用意していますので、コンテナの計量でお悩みでしたらぜひご相談してみてください。